Edgio Logo

セキュリティと配信を統合

EdgioのセキュリティとCDNの組み合わせは、無制限のグローバルキャパシティとセキュリティ、そしてDDoS対策およびDNSを兼ね備えます

Web Security Illustration
WPML Test Image Alt Text

Edgioのサービスに含まれるもの

包括的な保護

重要インフラ(世界最大級のインフラ?)とセキュリティ

200ヶ所以上のPoPによる250Tbpsの帯域幅 | PCI-DSSレベル1準拠のネットワーク | 常時有効なL3/4保護 | AuthDNSサービス| DNS負荷分散
データ暗号化
TLS暗号化
オリジンの制限
オリジンクローキング | オリジンシールド
DDoS保護
L3-7でのDDoS保護と緩和
ウェブアプリケーションとAPI保護
ボット管理 | WAF | マネージドWAFルール | カスタムWAFルール | デュアルWAFモード | レート制限ルール(RL) | アクセス制御リスト(ACL)

無制限の配信

パフォーマンス
エッジパフォーマンスルール | 高度なエッジキャッシング | 高度なDNS負荷分散
監視
トラフィック | 帯域幅 | データ | キャッシュヒット率 | リアルタイムログ | リアルタイム のユーザーメトリクス
ウェブアプリプラットフォーム
PCI認定 | セルフサービスポータル/API | ストレージ | 開発者を支援

今、CDNを乗り換えるべき理由

0 万ドル以上

侵害を30日以内に封じ込めれば、100万ドル以上(1億円以上相当)を節約できます

0 万ドル

セキュリティ侵害時にかかる費用の平均は442万ドル(4.5億円以上相当)です

0 日間

セキュリティを自動化すれば、個々の侵害の封じ込めは77日間短縮できます

0 %

悪意のあるボットは、グローバルなウェブトラフィックの28%を占めています

Edgioを選ぶ理由

Edgioは、1秒あたり約1億7600万パケット(Mpps)という、過去最大級のDDoS攻撃を防止した実績を誇ります。Edgioのクライアントのオリジンは、これの影響を受けませんでした。

250Tbpsのキャパシティを持ち、マネージドセキュリティチームと24時間365日のSOCによってサポートされ、完全に包括的なアプリケーションセキュリティとL3/4/7のDDoS保護を提供する、唯一のエッジプラットフォームの1つです。

world map
攻撃を受けた地域

すぐに始める